フラワー・オブ・ライフ(生命の花)は、全ての生命の創造の元といわれていて、宇宙のあらゆる森羅万象の元となるパターンであり、

無条件の愛、調和、宇宙共通のひかりの言葉といわれています。

エジプトのアビドス神殿や、イスラエルの古代ユダヤ教会、中国の古代寺院など世界各国にみられ、日本の神社でも、狛犬がフラワー・オブ・ライフの球体に、手を載せている像があります。

古代の人間がアクセスしていた神祕。

フラワー・オブ・ライフは、肉体(物質性)と意識体(精神性)の統合と活性化を促し、わたしたちの本質、本来のよろこびあふれる至福の状態へと還るよう思い出させてくれます。

フリーエネルギーや次元移動とも深く関係しています。

生命のサイクル・森羅万象のサイクルを象徴している、フラワー・オブ・ライフ。

樹は花を咲かせ、果実を実らせその中に種をはらみ、大地に落ちて新しい樹を生みます。

この5つの生命サイクルは、「生命の樹」と密接な関わりを持っています。

それは、宇宙の創造と関わり、未来や超古代と繋がる鍵でもあるのです。

フラワー・オブ・ライフを知ることは、創造のシステムを知ることであり、

わたしたち、魂が、この世界で体験したいと思っているあらゆる出来事を創造することを助け、

私たち本来のパワーを思い出させてくれるでしょう。

この、フラワー・オブ・ライフの作品が、聖霊であり、人間として、この地球で表現をしているあなたへ、とどきますように。

ハートtoハート。

感謝を、こめて。

まだ記事がありません。